相続 遺言

  • 遺産整理

    相続人が死亡すると、遺族はなるべく早く相続手続きや遺産整理をする必要があります。なるべく早く進める必要があるのは、相続手続きの中に期限が設けられているものがあるからです。 一般的な相続手続き(遺言がない場合)には下記の流れで相続が進み、いくつかの手続きに期限があります。 ・相続財産調査、相続人調査・相続方法の決...

  • 相続税申告と流れ

    相続人から相続人へ財産が承継されることを相続といいます。その財産の価値に課される税金を相続税といいます。相続税の申告期限は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月です。つまり、その日までになるべく早く手順を踏んでおく必要があります。 相続税の申告は財産の額によって異なりますが、申告しなければならない...

  • 不動産の生前贈与と遺産相続

    生前贈与と遺産相続どちらが良いのか、双方のメリットをご紹介します。なお、生前贈与は不動産だけではなく、預貯金や株式なども可能ですが、今回は不動産に着目します。 まず生前贈与のメリットは大きく2つあります。1つ目は、贈与する時期を選択できるということです。不動産は、時期によって評価額が変動します。そのため、贈与税が...

  • 相続と遺言

    相続によって遺産を承継する人を相続人と呼びます。相続人は、法定相続人のほかに被相続人の遺言によって指名された者なども含みます。 しかし、遺言によって指名された第三者が財産を承継すると書かれていても、法定相続人にある程度の遺産が残ります。この制度のことを遺留分といいます。もっとも、遺言者はあらかじめ自身の遺産を誰に...

  • 相続の事前対策

    相続は被相続人が亡くなった時点で始まります。残された相続人たちは、遺産相続するための手続きをすることになりますが、期限内に多くの手順を踏まなければなりません。 では、相続を出来るだけスムーズに行えるようにするために相続人は事前に何をすべきなのでしょうか。主な対策として以下のものが挙げられます。 ・相続についての話...

  • 資産の有効活用対策

    相続時にはさまざまな税金がかかりますが、相続前から相続税対策をしておくことで資産の有効活用と節税を同時に実現することができます。 例えば、不動産を活用した相続税対策はその代表的な例です。一般的に相続時の不動産評価額は、売却した場合の価格より低い額が付けられ、評価額が低くなる分、相続税の課税対象となる試算の額を下げ...

  • 相続放棄

    相続放棄とは、相続人となりうる方がその権利・義務の全てを放棄することをいいます。相続の対象には、預貯金や不動産などのプラスの財産も、借金などのマイナスの財産も含まれますが、相続放棄を行った場合にはプラスの財産もマイナスの財産もすべてを相続しないことになります。そのため、プラスの財産のほうがマイナスの財産より多い場...

  • 申告書の作成

    相続人から遺産を相続した相続人は、いくつかの要件に当てはまる場合に相続税の申告をしなければなりません。第一に、全財産の合計額が基礎控除額を超えている場合です。つまり、額を満たさない場合は申告が不要となります。第二に、被相続人が相続時精算課税または暦年課税の財産を生前贈与した場合です。前者のことを相続時精算課税適...

  • 相続の事後対策

    相続人が死亡した日から相続は開始します。相続人はその時から様々な手続きをしなければなりません。相続が始まってからの事後対策として、なにをすればよいのでしょうか。 預貯金や不動産、株式の相続をする際は、できるだけ早く名義を変更する必要があります。不動産については、名義変更をしないで放置していると売却できなくなりま...

  • 相続とは

    相続とは、財産を所有している人(被相続人)が死亡した後、その財産を受け継ぐ人(相続人)に引き渡すことを言います。 相続財産といっても様々な種類があります。預貯金のようなお金そのものだけでなく、不動産や株なども含まれます。また、これらは相続人にとってプラスの財産となりますが、マイナスの財産も存在します。それは、借金...

資格者紹介

Staff

大樂 弘幸先生

大樂 弘幸

(だいらく ひろゆき)

相続、創業支援でお困りならお任せください。

相続は人生で何度も経験するものではありません。

迅速に解決するためにも、専門家にご相談いただくのが一番です。おひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

所属団体
  • 日本公認会計士協会所属、同協会中小企業支援対応委員会委員
  • 東京税理士会所属
  • CFA協会所属
  • TKC全国会 会員
資格
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 米国公認会計士(ニューハンプシャー州、inactive)
  • CFA協会認定証券アナリスト
経歴
  • 1999年3月 慶應義塾大学商学部卒業
  • 2000年10月 会計士補登録
  • 2004年3月 公認会計士登録
  • 2000年10月-2006年8月 監査法人トーマツに在籍し、財閥系商社や外資系企業の財務諸表監査・内部統制構築支援などに従事。シニアスタッフ。
  • 2006年9月-2009年6月 セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社の経理部に在籍し、東証一部指定替え審査などに従事。マネージャー。
  • 2009年7月-2012年6月 新日本有限責任監査法人に在籍し、メガバンクや資産運用会社などの金融機関の監査・アドバイザリー業務に従事。シニアマネージャー。
  • 2012月7月-2014年9月 金融庁(新日本有限責任監査法人から退職出向)総務企画局企業開示に在籍し、企業開示・監査制度、コーポレートガバナンスコードの企画業務に従事。企業会計専門官。
  • 2014年10月-2015年9月 新日本有限責任監査法人に在籍し、メガバンクなどの金融機関の監査・アドバイザリー業務に従事。シニアマネージャー。
  • 201510月-2019年3月 デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社に在籍し、M&A業務や不正対応業務に従事。シニアバイスプレジデント。
  • 2019年4月-2021年9月 PwCグループに所属に所属し、規制対応や気候変動リスク対応に従事。ディレクター。
  • 2021年10月 独立し、大樂公認会計士・税理士事務所を設立

事務所概要

Office Overview

事務所名 大樂公認会計士・税理士事務所
代表者 大樂 弘幸(だいらく ひろゆき)
所在地 〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-5-21 第一小林ビル403号
TEL 090-9820-3910
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝日